PAGE TOP ▲

PAGE TOP ▲

著作権の業務

著作権の業務|中川特許事務所|神奈川・東京・横浜の著作権・著作物・著作者に関する契約の仲介、紛争解決手続の代理、税関輸入差止手続、提携先の行政書士が文化庁への著作権の登録手続を代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所
事務所概要 費用報酬額 弁理士相談 関連サイト

特許事務所は、著作権に関する契約仲介・紛争解決・調査鑑定・著作権の管理・輸入差止・無料相談を実施しています。
提携先の行政書士が著作権の登録に関する文化庁等への提出書類の作成及び登録手続を代理・代行する弁理士事務所です。

 中川特許事務所 > 著作権の業務

 著作権法の保護の対象

著作権の業務|中川特許事務所|神奈川・東京・川崎の著作権・著作物・著作者に関する契約の仲介、紛争解決手続の代理、税関輸入差止手続、提携先の行政書士が文化庁への著作権の登録手続を代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

著作権法は、小説・音楽・絵画等の著作物、音楽家の演奏・俳優の演技等の実演、音楽CD等のレコード、テレビ・ラジオ・衛星放送等の放送、そして出版社の有する出版権を保護する法律です。

従って著作権により法的に保護されるには、自分の作品が著作権法上の著作物・実演・レコード・放送・出版物のいずれかに該当することが必要となります。

 著作権登録のメリット

著作権の業務|中川特許事務所|神奈川・東京・藤沢の著作権・著作物・著作者に関する契約の仲介、紛争解決手続の代理、税関輸入差止手続、提携先の行政書士が文化庁への著作権の登録手続を代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

著作権法の4つの登録制度における著作者・発行日・創作日の登録を受けると、その著作物著作者であること、その日に発行又は創作されたという推定が行われ、一般に保護期間も有利になります。

著作権の移転登録を受けると、著作権の二重譲渡を防いで著作権に関する詐欺の被害を防止することができます。これが著作権を登録する「メリット」です。

 著作権登録の手続概要

著作権の業務|中川特許事務所|神奈川・東京・横須賀の著作権・著作物・著作者に関する契約の仲介、紛争解決手続の代理、税関輸入差止手続、提携先の行政書士が文化庁への著作権の登録手続を代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

著作権を登録するための「手続」は、著作物について著作権法上の登録を受けたい事項を決め、申請書及び明細書を作成するとともに登録免許税を納付し、文化庁又はSOFTICに申請を行います。

文化庁又はSOFICに提出した申請書又は明細書に書類上の不備さえなければ、申請した登録事項について著作権法の各種の登録を受けることができます。

 著作権業務の手続費用

著作権の業務|中川特許事務所|神奈川・東京・茅ヶ崎の著作権・著作物・著作者に関する契約の仲介、紛争解決手続の代理、税関輸入差止手続、提携先の行政書士が文化庁への著作権の登録手続を代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

著作権登録するには、文化庁に支払う登録免許税と手続を依頼した代理人に支払う手数料の2種類の費用がかかります。著作権に関するどのような事項の登録を行うかにより金額が異なります。

特許事務所では著作権に関する契約の締結、紛争解決業務の代理、税関での輸入差止手続等も行っております。ご費用の詳細は弁理士までお問合せ下さい。

 著作権登録の申請様式

著作権の業務|中川特許事務所|神奈川・東京・平塚の著作権・著作物・著作者に関する契約の仲介、紛争解決手続の代理、税関輸入差止手続、提携先の行政書士が文化庁への著作権の登録手続を代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

著作権法上の登録制度の利用には、文化庁又はSOFTICに対し申請書・明細書・その他の添付書面を提出して、著作権の登録手続を開始しなければなりません。

申請書及び明細書は様式が著作権法によって決まっており、どのような事項を記載すべきかも決まっています。著作権の登録書類の様式と記載事項について当特許事務所弁理士がご説明します。

 著作権業務の質問相談

著作権の業務|中川特許事務所|神奈川・東京・大和の著作権・著作物・著作者に関する契約の仲介、紛争解決手続の代理、税関輸入差止手続、提携先の行政書士が文化庁への著作権の登録手続を代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

著作権を取得するには何か手続が必要なのか?著作権の登録制度にはどのようなメリットがあるのか?著作権の登録にはどれぐらいの費用がかかるのか?著作権の登録はどこの機関に行えばよいのか?

出願手続・登録料・提出書類・トラブル等の著作権法・著作権の問題につきお客様からよく頂くご質問に「Q&A」で当特許事務所弁理士がお答えします。

特許事務所作成の著作権の業務」のご説明資料をこちらからダウンロードして頂くことができます。


中川特許事務所
電話 045-651-0236
所在地 〒231-0006 神奈川県横浜市中区南仲通3-35 横浜エクセレント3 5階E号室
営業区域 横浜、川崎、横須賀、鎌倉、藤沢、茅ヶ崎、平塚、小田原、大和、海老名、厚木、相模原、神奈川、東京

Copyright (C) 2007 Nakagawa Patent Office. All Rights Reserved.