PAGE TOP ▲

PAGE TOP ▲

意匠登録のメリット

意匠登録のメリット|中川特許事務所|神奈川・東京・横浜の意匠・デザインの意匠出願、特許庁への手続、意匠調査、意匠管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所
事務所概要 費用報酬額 弁理士相談 関連サイト

特許事務所は、意匠デザイン出願申請から意匠登録までの特許庁への手続を代理又は代行する弁理士事務所です。
特許庁での意匠権取得後の紛争解決・侵害鑑定・契約仲介・権利管理・輸入差止・意匠調査・無料相談も実施しています。

 中川特許事務所 > 意匠登録出願 > 意匠登録のメリット

 意匠独占のメリット

意匠権とは特許庁に対し手続を行い取得する権利です。意匠権者だけが意匠登録を取得したデザインを製品化する等して実施できる「独占的な権利」です。

従って、自社の意匠について意匠権を取得しておけば、同じ様なデザインの製品を製造販売する他社に対して、自社の意匠権の侵害を主張することができます。

意匠権の侵害が行われた場合、生産の中止等を求める差止請求及び意匠権の侵害によって自社に生じた損害の賠償を求める損害賠償請求を行うことができます。

意匠登録のメリット|中川特許事務所|神奈川・東京・川崎の意匠・デザインの意匠出願、特許庁への手続、意匠調査、意匠管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

 意匠防衛のメリット

意匠権とは意匠登録を受けたデザインを独占的に実施することができる権利です。従って、一つの意匠には一件の意匠登録しか存在することができません。

従って、自社が先に意匠権を取得しておけば、他社が同様のデザインについて意匠登録を取得してしまい、自社が意匠を利用できなくなる事態を回避できます。

意匠権は、特許庁で意匠登録を受けた登録意匠のほか、登録意匠に類似する意匠にまで及ぶ権利ですから、幅広く自社の意匠の「防衛」を図ることができます。

意匠登録のメリット|中川特許事務所|神奈川・東京・藤沢の意匠・デザインの意匠出願、特許庁への手続、意匠調査、意匠管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

 信用向上のメリット

意匠権は、特許庁の審査官による厳正な審査を通過するとともに、特許庁における意匠権の設定登録を受けることではじめて取得できる独占的な権利です。

従って、自社のデザインについて意匠権を取得することで、発明・考案・意匠・商標・著作権等の知的財産を重視している企業であるという評価が得られます。

また、意匠権を取得している企業であるということは、特許庁における意匠登録を取得できるだけの「デザイン力」のある企業であるという信用が得られます。

意匠登録のメリット|中川特許事務所|神奈川・東京・横須賀の意匠・デザインの意匠出願、特許庁への手続、意匠調査、意匠管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

 利益確保のメリット

意匠権特許庁で取得することにより、他社に真似されやすいデザインについて、特許庁から意匠権という明確な権利を与えられ法的保護を受けられます。

従って、意匠登録を受けておくことで、自社で開発したデザインを他社に譲渡又はライセンスする場合に、意匠法に基づいて安心してスムーズに行えるのです。

そうすると自社で意匠権を取得したデザインを製品化するだけでなく、他社にデザインの譲渡やライセンスを行うことによる「利益の確保」も可能となります。

意匠登録のメリット|中川特許事務所|神奈川・東京・茅ヶ崎の意匠・デザインの意匠出願、特許庁への手続、意匠調査、意匠管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

 次の「意匠登録までの手続」にて特許庁意匠を出願して意匠登録されるまでの流れを当特許事務所弁理士がご説明しますので、あわせてご参照下さい。


中川特許事務所
電話 045-651-0236
所在地 〒231-0006 神奈川県横浜市中区南仲通3-35 横浜エクセレント3 5階E号室
営業区域 横浜、川崎、横須賀、鎌倉、藤沢、茅ヶ崎、平塚、小田原、大和、海老名、厚木、相模原、神奈川、東京

Copyright (C) 2007 Nakagawa Patent Office. All Rights Reserved.