PAGE TOP ▲

PAGE TOP ▲

輸入差止のメリット

輸入差止のメリット|中川特許事務所|神奈川・東京・横浜の特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権等の知的財産権を侵害する模倣品・海賊版の税関への輸入差止・輸出差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所
事務所概要 費用報酬額 弁理士相談 関連サイト

特許事務所は、特許権実用新案権意匠権商標権を侵害する偽物・模倣品の輸入差止手続を行う弁理士事務所です。
著作権などの知的財産権を侵害する海賊版の日本への輸入を差し止める税関への手続に関する無料相談も実施しています。

 中川特許事務所 > 税関輸入差止 > 輸入差止のメリット

 知的財産権と輸入品

特許法実用新案法意匠法商標法などの各種の知的財産法は、特許権者などの各権利者だけが各権利の対象物を「輸入」できるという権利を認めています。

従って、各権利者が特許庁において特許権実用新案権を取得した製品・商標登録を受けた商品・意匠登録を受けた物品を独占的に日本国内へと輸入できます。

また、著作権法においても、著作権法上の各種の権利を侵害する海賊版を日本国内に輸入することは、著作権を侵害する行為として取り扱うと規定しています。

輸入差止のメリット|中川特許事務所|神奈川・東京・川崎の特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権等の知的財産権を侵害する模倣品・海賊版の税関への輸入差止・輸出差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

 輸入差止のメリット

他社が偽ブランド商品・模倣品・海賊版等を日本国外から日本国内に輸入する行為は、そもそも自社の保有する各種の知的財産権を侵害する行為に該当します。

特許権著作権意匠権商標権実用新案権等を侵害する輸入行為を放置してしまうと、日本国内の事業において自社に大きな損害をもたらすことでしょう。

税関における輸入差止手続を活用することによって、自社の知的財産権を侵害する貨物が日本へと輸入されることを水際で阻止する「メリット」が得られます。

輸入差止のメリット|中川特許事務所|神奈川・東京・藤沢の特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権等の知的財産権を侵害する模倣品・海賊版の税関への輸入差止・輸出差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

 知的財産権と輸出品

特許法実用新案法意匠法商標法などの各種の知的財産法は、商標権者などの各権利者だけが各権利の対象物を「輸出」できるという権利を認めています。

従って、各権利者が特許庁において特許権実用新案権を取得した製品・意匠登録を受けた物品・商標登録を受けた商品を独占的に日本国外へと輸出できます。

また、著作権法においても、著作権法上の各種の権利を侵害する海賊版を日本国外に輸出することは、著作権を侵害する行為として取り扱うと規定しています。

輸入差止のメリット|中川特許事務所|神奈川・東京・横須賀の特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権等の知的財産権を侵害する模倣品・海賊版の税関への輸入差止・輸出差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

 輸出差止のメリット

他社が偽ブランド商品・模倣品・海賊版等を日本国内から日本国外に輸出する行為は、そもそも自社の保有する各種の知的財産権を侵害する行為に該当します。

特許権著作権意匠権商標権実用新案権等を侵害する輸出行為を放置することによって、日本国外の事業において自社に損害をもたらすことになります。

税関における輸出差止手続を活用することによって、自社の知的財産権を侵害する貨物が外国へと輸出されることを水際で阻止する「メリット」が得られます。

輸入差止のメリット|中川特許事務所|神奈川・東京・茅ヶ崎の特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権等の知的財産権を侵害する模倣品・海賊版の税関への輸入差止・輸出差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

 次の「輸入差止までの手続」にて税関での模倣品・偽ブランド商品・海賊版等の知的財産権を侵害する商品の輸入・輸出を差し止める手続を当特許事務所弁理士がご説明しますので、あわせてご参照下さい。


中川特許事務所
電話 045-651-0236
所在地 〒231-0006 神奈川県横浜市中区南仲通3-35 横浜エクセレント3 5階E号室
営業区域 横浜、川崎、横須賀、鎌倉、藤沢、茅ヶ崎、平塚、小田原、大和、海老名、厚木、相模原、神奈川、東京

Copyright (C) 2007 Nakagawa Patent Office. All Rights Reserved.