PAGE TOP ▲

PAGE TOP ▲

輸入差止の費用料金

輸入差止の費用料金|中川特許事務所|神奈川・東京・横浜の特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権等の知的財産権を侵害する模倣品・海賊版の税関への輸入差止・輸出差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所
事務所概要 費用報酬額 弁理士相談 関連サイト

特許事務所は、特許権実用新案権意匠権商標権を侵害する偽物・模倣品の輸入差止手続を行う弁理士事務所です。
著作権などの知的財産権を侵害する海賊版の日本への輸入を差し止める税関への手続に関する無料相談も実施しています。

 中川特許事務所 > 税関輸入差止 > 輸入差止の費用料金

 輸入差止手続の印紙代

 特許権実用新案権意匠権商標権著作権等の各種知的財産権に基づいて、模倣品・偽ブランド商品・海賊版の輸入差止申立を行うにあたって、税関に対して印紙代等の手数料を支払う必要はありません。

 各種の知的財産権を侵害する商品について、日本への輸入を差し止めるための費用と、外国への輸出を差し止めるための費用は同様ですから、輸入差止の費用にまとめて当特許事務所弁理士がご説明します。

 但し、輸入差止の対象とされる貨物が各種知的財産権を侵害する商品でない場合に輸入者が受ける損害を担保するために、税関は申立人に対して相当の金銭を供託するように命じる場合があります。

 具体的には、申立人は「税関長」から以下の費用を合算した金額を指定する供託所まで「供託」するよう命令され得るのです。

(1)輸入者が申立人から輸入差止の申立てを受けることで被る損害の金額
(2)知的財産権の侵害とされる輸入貨物を税関倉庫に保管するための費用
(3)上記以外で輸入者が輸入の差止によって被るおそれのある損害の金額

輸入差止の費用料金|中川特許事務所|神奈川・東京・川崎の特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権等の知的財産権を侵害する模倣品・海賊版の税関への輸入差止・輸出差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

 もし、税関長から上記のような供託命令を受けたにもかかわらず、申立人が指定の供託所に供託金を供託しない場合には、税関長は輸入貨物が知的財産権を侵害するかを認定する手続を取り止めてしまいます。

 もちろん、最終的に輸入貨物が申立人の保有する各種の知的財産権を侵害する商品であることを税関長が認定した場合には、それは正当な権利行使ですから、申立人は上記の供託金を取り戻すことができます。

 輸入差止手続の手数料

 次に、特許事務所知的財産権を侵害する貨物について輸入差止や輸出差止の手続を依頼した場合に、弁理士に支払う「手数料」についてご説明します。

 一般に、税関での手続を依頼した弁理士に支払う手数料は、輸入差止の申立を行う際に支払う「申立手数料」と知的財産権を侵害する物品であると認定する際に支払う「認定手数料」の2段階で支払われます。

 日本弁理士会が調査した特許事務報酬(弁理士手数料)に関するアンケートでは、弁理士に支払う申請手数料と認定手数料をあわせた手数料の金額について、次のような回収結果が得られています。

 他の特許事務所にご依頼された場合の申請手数料と認定手数料を合計した手数料の平均は、申請手数料262,793円+認定手数料261,269円=524,062円[他特許事務所]です。

 当特許事務所にご依頼を頂いた場合の申請手数料と認定手数料を合計した手数料の平均は、申請手数料200,000円+認定手数料200,000円=400,000円[当特許事務所]です。

輸入差止の費用料金|中川特許事務所|神奈川・東京・藤沢の特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権等の知的財産権を侵害する模倣品・海賊版の税関への輸入差止・輸出差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

 そうすると、知的財産権の侵害による輸入差止手続又は輸出差止手続を行う際に弁理士に支払う手数料の総合計額は、以下の表にまとめることができます。

ご料金比較 申立手数料 認定手数料 合計
他特許事務所 262,793円 261,269円 524,062円
当特許事務所 200,000円 200,000円 400,000円

 輸入差止手続の料金表

 当特許事務所弁理士に輸入差止手続又輸出差止手続をご依頼頂いた場合の「ご料金表」は以下の通りです。当特許事務所による税関への手続の費用の概要につきましては「弁理士費用報酬額」もご覧下さい。

1.輸入差止調査
 弁理士がご相談の対象について輸入差止の対象になり得るかを調査します。
2.輸入差止申立
 弁理士が申立書及び鑑定書を作成して税関に輸入差止の申立てを行います。
3.輸入差止認定
 輸入貨物が知的財産権を侵害する物品であると認定する手続を代行します。
4.貨物点検代行
 認定手続に際して意見・証拠を提出するため必要なとき貨物を点検します。
5.見本検査代行
 意見・証拠を提出する際に必要な場合は貨物の見本を入手して検査します。
6.意見証拠提出
 輸入者から反論があった場合に、さらに意見・証拠を税関長に提出します。

輸入差止の費用料金|中川特許事務所|神奈川・東京・横須賀の特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権等の知的財産権を侵害する模倣品・海賊版の税関への輸入差止・輸出差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

お手続の内容 基本手数料額(消費税別)
ご相談 無料
輸入差止調査 50,000円
輸入差止申立 200,000円(輸入差止調査料を含む)
輸入差止認定 200,000円
貨物点検代行 50,000円
見本検査代行 50,000円
意見証拠提出 50,000円

 弁理士費用の割引制度

 当特許事務所では、複数件の輸入差止手続又は輸出差止手続をご依頼頂いたお客様、ご自身で申請書類を準備して頂いたお客様を対象として、税関への手続に関する当特許事務所のご料金を割引しております。

1.複数申立割引
 当特許事務所税関への手続を複数件ご依頼頂いたお客様は、2件目以降の手続については、申請手数料(20万円)及び認定手数料(20万円)から最大で20%(8万円)までお値引きします。

2.書類作成割引
 輸入輸出差止手続に当たり税関に提出する申立書や証拠をご自身で準備して頂いたお客様は、申請手数料(20万円)及び認定手数料(20万円)から最大で20%(8万円)までお値引きします。

輸入差止の費用料金|中川特許事務所|神奈川・東京・茅ヶ崎の特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権等の知的財産権を侵害する模倣品・海賊版の税関への輸入差止・輸出差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

 費用・料金のお問合せ

 当特許事務所では、輸入差止の手続に関するご費用・ご料金に関する弁理士へのご相談・お問合せ・お見積り等につきましてはご料金を頂いておりません。

 当特許事務所での輸入差止の申請に必要なご費用・ご料金に関するご相談・お問合せの他、税関での諸手続に関するご料金のお見積りにつきましては「弁理士相談」の窓口までお気軽にお問い合わせ下さい。

 次の「輸入差止の申請様式」では輸入差止を行う際に提出するべき書類とその様式について当特許事務所の弁理士がご説明します。あわせてご参照下さい。


中川特許事務所
電話 045-651-0236
所在地 〒231-0006 神奈川県横浜市中区南仲通3-35 横浜エクセレント3 5階E号室
営業区域 横浜、川崎、横須賀、鎌倉、藤沢、茅ヶ崎、平塚、小田原、大和、海老名、厚木、相模原、神奈川、東京

Copyright (C) 2007 Nakagawa Patent Office. All Rights Reserved.