PAGE TOP ▲

PAGE TOP ▲

商標登録の出願様式

商標登録の出願様式|中川特許事務所|神奈川・東京・横浜の商標・ブランドの商標出願、特許庁への手続、商標調査、商標管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所
事務所概要 費用報酬額 弁理士相談 関連サイト

商標事務所は、商標ブランド出願申請から商標登録までの特許庁への手続を代理又は代行する弁理士事務所です。
特許庁での商標権取得後の紛争解決・侵害鑑定・契約仲介・権利管理・輸入差止・商標調査・無料相談も実施しています。

 中川特許事務所 > 商標登録出願 > 商標登録の出願様式

 商標出願書類の様式

 当特許事務所弁理士が、自社のブランドについて商標登録出願を行う際に商標法によって特許庁に提出することが求められる願書及び願書に記載するべき事項等の書類書式についてご説明します。

[1.用紙の大きさ]
 商標出願の用紙は、A4用紙(横21cm・縦29.7cm)を用います。

[2.文章の書き方]
 文章は、左横書き、1行は36文字、1頁につき29行以内で記載します。

[3.文字の大きさ]
 文字は、全角文字、黒色、10~12ポイントの大きさにより記載します。

[4.ページ数記入]
 複数頁ある場合には、各ページのヘッダーの右端にページ数を記入します。

[5.見出しの括弧]
 願書及び添付書面の各見出しには【書類名】願書のように【】を付けます。

商標登録の出願様式|中川特許事務所|神奈川・東京・川崎の商標・ブランドの商標出願、特許庁への手続、商標調査、商標管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

 商標登録願書の記載

 商標登録出願に当たっては、特許庁に対して願書及び他の必要な物件を提出する必要があります。「願書」の形式的記載事項は以下の9項目になります。

[1.書類名]
 「願書」のタイトルの部分には「商標登録願」と記載します。

[2.整理番号]
 ローマ字、算用数字、ハイフン等を用いた10字以下の記号を記載します。

[3.提出日]
 特許庁に対し商標登録出願に関する書類一式を提出する日付を記載します。

[4.あて先]
 「特許庁長官殿」と記載して下さい。

[5.商標登録出願人]
 商標権を取得する出願人の住所又は居所並びに氏名又は名称を記載します。

[6.提出物件の目録]
 指定商品の説明等の特許庁に提出する物件があればその名称を記載します。

商標登録の出願様式|中川特許事務所|神奈川・東京・藤沢の商標・ブランドの商標出願、特許庁への手続、商標調査、商標管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

[7.商標登録を受けようとする商標]
 自社が商標登録を希望する商標を記載します。ブランドの種類によって商標登録を受けようとする商標の記載の方法が異なります。記載の詳細につきましては以下の願書への商標の記載もあわせてご覧下さい。

[8.指定商品又は指定役務並びに商品及び役務の区分]
 自社が商標登録を希望するブランドを使用する商品又は役務(サービス)の内容を記載します。詳細は以下の願書の商品役務の記載もあわせてご覧下さい。

[9.商標の詳細な説明]
 音商標、動き商標、ホログラム商標、色彩のみからなる商標、位置商標等の特殊な商標について商標登録出願を行う場合には、これらの商標を具体的に特定できるように詳細に内容を説明する必要があります。

 願書への商標の記載

[1.平面商標の商標登録出願]

 商標登録出願を行う商標が文字・図形・記号等の平面的な要素から構成される「平面商標」の場合、願書に設けた商標記載欄(原則として8cm平方・必要があれば15cmまで可)に商標を記載して下さい。
 商標を願書に直接記載する場合には枠線によって囲んだ商標記載欄に商標を記載します。あるいは商標を記載した商標記載欄と同じ大きさの用紙を願書に貼り付けることもできます。このとき枠線は不要です。
 商標記載欄には鮮明かつ簡単に変色や消失しないように商標を記載します。活字で商標を表示する場合は20~42ポイントの大きさの活字を用います。商標以外の文字等余計な事項を記入してはなりません。

[2.標準文字の商標登録出願]

 標準文字とは特許庁長官が指定する文字であり、書体に特徴がない商標を出願する制度です。標準文字で出願を行う場合、商標登録を受けようとする商標の欄の下に「標準文字」の欄を設けます。
 商標登録を受けようとする商標の欄には、黒色で表した大きさ及び書体が同じ10ポイント以上の活字により一行に横書きで出願する商標を記載します。

商標登録の出願様式|中川特許事務所|神奈川・東京・横須賀の商標・ブランドの商標出願、特許庁への手続、商標調査、商標管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

[3.立体商標の商標登録出願]

 商標登録出願を行う商標が立体商標である場合、その立体商標を1つ又は異なる2つ以上の方向から表示した図又は写真を作成して登録商標を特定します。
 ペコちゃん人形やカーネルサンダースおじさんのような立体商標を出願する場合、商標登録を受けようとする商標の欄の下に「立体商標」の欄を設けます。

[4.色彩商標の商標登録出願]

 商標登録出願を行う商標が色彩商標である場合、その色を表示した図又は写真を作成して商標を記載します。商標登録を受けようとする色彩が全体にわたって表示された図又は写真を使用します。
 トンボ鉛筆の消しゴムの青白黒のような色彩商標を出願する場合、商標登録を受けようとする商標の欄の下に「色彩のみからなる商標」の欄を設けます。

商標登録の出願様式|中川特許事務所|神奈川・東京・茅ヶ崎の商標・ブランドの商標出願、特許庁への手続、商標調査、商標管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

[5.音声商標の商標登録出願]

 商標登録出願を行う商標が音声商標である場合、文字や五線譜等によって商標登録を受けようとする音を特定します。具体的には音符、休符、音部記号、テンポ、拍子記号、歌詞等で申請する音を記載します。
 久光製薬のコマーシャルのジングルのような音声商標を出願する場合、商標登録を受けようとする商標の欄の下に「音商標」の欄を設ける必要があります。

[6.動き商標の商標登録出願]

 商標登録出願を行う商標が動き商標の場合、時間の経過による商標の変化の状態を説明する図又は写真を提出します。あわせて商標が変化する状態を説明する指示線や符号又は文字を記載します。
 20世紀フォックス映画のオープニング映像のような動き商標の出願を行う場合、商標登録を受けようとする商標の下に「動き商標」の欄を記載します。

商標登録の出願様式|中川特許事務所|神奈川・東京・平塚の商標・ブランドの商標出願、特許庁への手続、商標調査、商標管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

[7.ホログラムの商標の出願]

 商標登録出願を行う商標がホログラム商標の場合、ホログラフィー等で商標が変化する前後の状態を説明する図や写真を提出します。あわせて変化の前後の状態を説明する指示線や符号又は文字を記載します。
 クレジットカードのホログラムのようなホログラム商標の出願を行う場合、商標登録を受けようとする商標の欄の下に「ホログラム商標」の欄を設けます。

[8.位置商標の商標登録出願]

 商標登録出願を行う商標が位置商標の場合には、商標及びその商標を付ける位置を特定した図や写真を提出します。具体的には、商標は実線で描いて、その他の部分は破線で描く等して位置商標を特定します。
 プラダの靴底に描かれた赤い直線のような位置商標の出願を行う場合には、願書の商標登録を受けようとする商標の欄の下に「位置商標」の欄を設けます。

 願書の商品役務の記載

 指定商品又は指定役務並びに商品及び役務の区分の欄には、まずは登録商標を使用する商品や役務が含まれる区分を「第○○類」等と記載します。商標法施行令第1条所定の第1類から第45類を記載します。

 次に「指定商品(指定役務)」の欄を設けて、出願を行う商標を使用する商品又は役務について、その内容及び範囲が明確に理解できるように記載します。
 その商品又は役務が商標法施行規則第6条別表に記載のある商品等であれば、別表に記載されている通りに指定商品又は指定役務を記載すれば十分です。
 一方、別表に記載がない商品や役務である場合は、例えば「特許情報プラットフォーム」が提供する商品・役務名検索において検索を行い、検索された商品や役務の名称を参考にして記載します。

商標登録の出願様式|中川特許事務所|神奈川・東京・大和の商標・ブランドの商標出願、特許庁への手続、商標調査、商標管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

 また、従来市場に存在しなかった新商品や新サービスの場合には、商品ならその生産方法等、役務ならその内容等を説明した「指定商品(指定役務)の説明」の書面を作成して願書と一緒に特許庁に提出します。
 1件の商標登録出願において複数の商品や役務に使用する登録商標として出願することも可能です。複数の商品や役務を指定する場合には「パン,菓子」のように指定商品や指定役務の間にコンマを付けます。
 複数の区分にまたがる商品や役務に使用する商標を1件で出願することも可能です。例えば【第29類】ジャム【第30類】パンのように区分順に区分とその区分に含まれる商品や役務を繰り返し記載します。

 次の「商標登録の質問相談」では出願手続・申請費用・提出書類・審査期間等の商標法商標権の問題についてお客様からよく頂くご質問に当特許事務所弁理士がご回答しますので、あわせてご参照下さい。


中川特許事務所
電話 045-651-0236
所在地 〒231-0006 神奈川県横浜市中区南仲通3-35 横浜エクセレント3 5階E号室
営業区域 横浜、川崎、横須賀、鎌倉、藤沢、茅ヶ崎、平塚、小田原、大和、海老名、厚木、相模原、神奈川、東京

Copyright (C) 2007 Nakagawa Patent Office. All Rights Reserved.