PAGE TOP ▲

PAGE TOP ▲

意匠登録の出願様式

意匠登録の出願様式|中川特許事務所|神奈川・東京・横浜の意匠・デザインの意匠出願、特許庁への手続、意匠調査、意匠管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所
事務所概要 費用報酬額 弁理士相談 関連サイト

特許事務所は、意匠デザイン出願申請から意匠登録までの特許庁への手続を代理又は代行する弁理士事務所です。
特許庁での意匠権取得後の紛争解決・侵害鑑定・契約仲介・権利管理・輸入差止・意匠調査・無料相談も実施しています。

 中川特許事務所 > 意匠登録出願 > 意匠登録の出願様式

 意匠出願書類の様式

 当特許事務所弁理士が、自社のデザインについて意匠登録出願を行う際に意匠法によって特許庁に提出することが求められる願書・図面・写真・ひな形・見本等の書類書式についてご説明します。

[1.用紙の大きさ]
 意匠出願の用紙は、A4用紙(横21cm・縦29.7cm)を用います。

[2.文章の書き方]
 文章は、左横書き、1行は36文字、1頁につき29行以内で記載します。

[3.文字の大きさ]
 文字は、全角文字、黒色、10~12ポイントの大きさにより記載します。

[4.ページ数記入]
 複数頁ある場合には、各ページのヘッダーの右端にページ数を記入します。

[5.見出しの括弧]
 願書及び添付書面の各見出しには【書類名】願書のように【】を付けます。

意匠登録の出願様式|中川特許事務所|神奈川・東京・川崎の意匠・デザインの意匠出願、特許庁への手続、意匠調査、意匠管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

 意匠登録願書の記載

 意匠登録出願に当たっては、特許庁に対し願書と図面の2つの書類を提出する必要があります。「願書」の主要な記載事項は以下の10項目になります。

[1.書類名]
 「願書」のタイトルの部分には「意匠登録願」と記載します。

[2.整理番号]
 ローマ字、算用数字、ハイフン等を用いた10字以下の記号を記載します。

[3.提出日]
 特許庁に対し意匠登録出願に関する書類一式を提出する日付を記載します。

[4.あて先]
 「特許庁長官殿」と記載して下さい。

[5.意匠に係る物品]
 意匠法施行規則の別表第一及び第二に従って具体的な物品名を記載します。
 例えば、鉛筆に関するデザイン出願する場合には「鉛筆」と記載します。

[6.意匠の創作をした者]
 出願する意匠を創作したデザイナーの住所又は居所及び氏名を記載します。

[7.意匠登録出願人]
 意匠権を取得する出願人の住所又は居所並びに氏名又は名称を記載します。

[8.提出物件の目録]
 図面、写真、ひな形、見本等の内、特許庁に提出する物件名を記載します。

意匠登録の出願様式|中川特許事務所|神奈川・東京・藤沢の意匠・デザインの意匠出願、特許庁への手続、意匠調査、意匠管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

[9.意匠に係る物品の説明]
 意匠登録出願を行う意匠に係る物品の使用目的や使用状態といったその物品の理解を補助するための説明を記載します。例えば、多機能製品や新規な製品を出願する場合には意匠に係る物品の説明が必要です。

[10.意匠の説明]
 意匠登録出願を行う意匠に係る物品の材質又は大きさが特殊である場合、透明な部分がある場合、黒又は白の着色を省略した場合、形態が変化する場合には、それぞれの特殊な事情についての説明が必要です。

 意匠登録図面の記載

 意匠登録出願に際は、原則として「図面」に意匠登録を受けたい意匠を描いて特許庁に提出する必要があります。図面の基本的な描き方は以下の通りです。

[1.意匠登録図面の大きさ]
 図面は、横150mm、縦113mmを超えて記載することはできません。

[2.意匠登録図面の線の幅]
 実線及び破線の太さは約0.4mmです。鎖線及び切断面を表す平行斜線の太さは約0.2mmです。

[3.意匠図面に用いる図法]
 以下のような正投影図法により各図同一縮尺で正面図・背面図・左側面図・右側面図・平面図・底面図の六面図を一組の図面として作成します。必要があれば斜視図・断面図・使用状態説明図等も作成します。

斜視図 正面図 背面図 右側面図
意匠登録の出願様式|中川特許事務所|神奈川・東京・横浜の意匠・デザインの意匠出願、特許庁への手続、意匠調査、意匠管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所 意匠登録の出願様式|中川特許事務所|神奈川・東京・川崎の意匠・デザインの意匠出願、特許庁への手続、意匠調査、意匠管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所 意匠登録の出願様式|中川特許事務所|神奈川・東京・藤沢の意匠・デザインの意匠出願、特許庁への手続、意匠調査、意匠管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所 意匠登録の出願様式|中川特許事務所|神奈川・東京・横須賀の意匠・デザインの意匠出願、特許庁への手続、意匠調査、意匠管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所
左側面図 平面図 底面図 断面図
意匠登録の出願様式|中川特許事務所|神奈川・東京・茅ヶ崎の意匠・デザインの意匠出願、特許庁への手続、意匠調査、意匠管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所 意匠登録の出願様式|中川特許事務所|神奈川・東京・平塚の意匠・デザインの意匠出願、特許庁への手続、意匠調査、意匠管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所 意匠登録の出願様式|中川特許事務所|神奈川・東京・大和の意匠・デザインの意匠出願、特許庁への手続、意匠調査、意匠管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所 意匠登録の出願様式|中川特許事務所|神奈川・東京・海老名の意匠・デザインの意匠出願、特許庁への手続、意匠調査、意匠管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

 意匠登録写真の記載

[1.写真で出願ができる場合]
 意匠登録出願の対象となる意匠写真によって明確に表現できる場合には、上記のような図面を特許庁に提出するのではなく、意匠登録出願を行う意匠を撮影した「写真」を特許庁に提出することもできます。

[2.意匠登録写真の現像寸法]
 横150mm、縦113mmを超えた大きさで提出することはできません。

[3.意匠登録写真の撮影方法]
 上記の図面と同様に各図同一縮尺で撮影した正面図・背面図・左側面図・右側面図・平面図・底面図の六面図を一組の写真として作成します。必要があるなら斜視図・断面図・説明図も作成します。
 背景等の意匠以外のものが写真に映らないように撮影する必要があります。

意匠登録の出願様式|中川特許事務所|神奈川・東京・横須賀の意匠・デザインの意匠出願、特許庁への手続、意匠調査、意匠管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

 意匠ひな形及び見本

[1.ひな形や見本で出願できる場合]
 意匠登録出願については、上記のような図面写真特許庁に提出するのではなく、意匠登録出願を行う意匠を表した「ひな形」(模型)や「見本」(サンプル)を特許庁に提出することも認められています。

 但し、意匠登録出願の対象となる意匠が壊れにくいものであり、簡単に変形や変質することがなく、取扱いや保存に不便でないものでなければなりません。
 また、ひな形や見本を提出できる場合としては、その大きさが縦26cm・横19cm以下の意匠であって、その厚さが7mm以下の意匠に限定されています。

[2.ひな形及び見本を提出する方法]
 まず、A4の大きさの台紙を用意し、意匠登録出願の出願人の氏名、出願日、出願番号、意匠に係る物品等を記載します。そして、ひな形や見本を収納した丈夫な袋を台紙に貼り付けて提出します。

意匠登録の出願様式|中川特許事務所|神奈川・東京・茅ヶ崎の意匠・デザインの意匠出願、特許庁への手続、意匠調査、意匠管理、契約仲介、紛争解決、輸入差止を代理・代行する神奈川県横浜市中区関内・桜木町・石川町の弁理士事務所

 次の「意匠登録の質問相談」では出願手続・申請費用・提出書類・審査期間等の意匠法意匠権の問題についてお客様からよく頂くご質問に当特許事務所弁理士がご回答しますので、あわせてご参照下さい。


中川特許事務所
電話 045-651-0236
所在地 〒231-0006 神奈川県横浜市中区南仲通3-35 横浜エクセレント3 5階E号室
営業区域 横浜、川崎、横須賀、鎌倉、藤沢、茅ヶ崎、平塚、小田原、大和、海老名、厚木、相模原、神奈川、東京

Copyright (C) 2007 Nakagawa Patent Office. All Rights Reserved.